フェイシャルエステの種類

Pocket

エステを受けに行くフェイシャルエステのメニューは、エステサロンによる違いはありますが、種類についてはだいたい同じです。先程紹介した、ディープクレンジングと洗顔、吸引器で毛穴の奥の汚れを除去するところから始まりますが、毛穴の奥の汚れを吸引する前に、スチームをあて毛穴を開きます。スチームはほのかに暖かいので、血行促進効果も期待できます。

ここからは肌悩みなど目的によって施術の選択肢は変わっていきます。美白を目的としている場合は、イオン導入で肌の深層部まで美白成分を届けるケアや、ホワイトニング効果が期待できる成分を浸透させます。シミやソバカスが気になる場合は、フォトフェイシャルという光を使った施術で、肌の内側から美白に働きかけます。

むくみが気になる場合は、リンパドレナージュといって、エステティシャンによるハンドマッサージを行います。熟練のエステティシャンのハンドマッサージは、とても心地よくリラックスできます。心身ともにリラックスできると、リンパの流れが改善され、デトックス効果も発揮され、1度の施術でもスッキリを実感できます。

年齢肌が原因の悩みには、アンチエイジング効果の期待できる美容成分を使い、トリートメントやマッサージでリフトアップさせたり、ピーリングを取り入れたりして古い角質を除去しターンオーバーを促進させる施術をします。他にも目的に応じて様々な施術が選べます。